2011年06月30日

フレーバーティーについて。

Water lilies.jpg

フレーバーティーで美味しい商品は
残念ながら極めて少ないのが現状です。

ほとんどのフレーバーティーが安い茶葉に
化学香料または天然香料を吹きつけているだけなので
匂いだけしか感じられない代物が多いのです。

香料(エッセンス)を使うと
花でもフルーツでもどんな香りでも
カンタンに風味を付けることが出来ます。

それこそ古い茶葉に紅茶の香りを吹きつけて
新鮮な風味を持たすことだって可能なワケです。

知り合いの紅茶屋さんは言います。
「本当はフレーバーティーは置きたくないんだけど…」

日本茶と同じく
紅茶も産地や農園・品種によって
素晴らしい風味の世界を堪能できる
極めて繊細な飲み物だからです。

シェフが飲んでいるのは、田園調布の「ティージュ」の紅茶です。
インド産の紅茶を得意としていて
ダージリン地方のシーズンティー(新茶)と
アッサム地方のシーズンティーがオススメです。
特にここのアッサムで淹れるチャイは最上質の味となります。

フレーバーティーでは「ルピシア」(旧レピシエ)が
種類も豊富で比較的よい茶葉を使っているので紹介だけしておきます。

フルーツ系のフレーバーティーは
砂糖とミルクとの相性が良いのですが
特にアップルティーに砂糖とミルクを加えると
リンゴのデザートを食べている感じがしてオススメです。


posted by 氏家健治 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

アメリカンコーヒーとは?

DSC_0232.JPG

「ナポリタン・スパゲッティー」がナポリにないように
「アメリカン・コーヒー」もアメリカにはありません。

しかしアメリカで飲まれているコーヒーのことが
「アメリカンコーヒー」とは言えます。

「アメリカンコーヒー」の「アメリカン」は
「アメリカンロースト」の意味です。

コーヒー豆の炒り具合いが
アメリカ風にライトローストされた(炒りが浅い)コーヒー豆。

その豆を使って淹れられたコーヒーのことを
「アメリカンコーヒー」と呼ぶわけです。
「アメリカンコーヒー」の由来はここからなんです。

シアトルの「スターバックスコーヒー」が登場して以来
フレンチローストやイタリアンローストといった
「深炒り」のコーヒーがアメリカでも普及しはじめているので
もはや「ライトなコーヒー」=「アメリカンコーヒー」ではないのですが。

また炒りの浅いコーヒーは味や香りが軽いので
単にお湯を加えて軽い風味に仕立てたコーヒーのことを
日本では「アメリカン」と言っていたりもします。

「エスプレッソ・アメリカーノ」はその一種です。


浅炒りのコーヒーは
カフェインが多く残っているので
朝に飲むのがいいですね。

熱めのお湯で浅炒りのコーヒーを薄めに淹れてたっぷり飲む。

目が覚めますし
水分も補給できるので
朝のコーヒーにピッタリです。

対して深炒りのコーヒーは
カフェインが焼失して少なくなっているので
ややぬるめに淹れたデミタスコーヒーは
ディナーの〆にも向いています。

半分の量(デミタス)なのは
食後であることと
寝る前に水分を取りすぎないためでもあります。
 
posted by 氏家健治 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

おいしいコーヒーの入れ方とは?

v60_vd.jpgv60_make3.jpg

Q.『美味しいコーヒーの淹れ方を教えて下さい』
Q.『おいしいコーヒーをいれるための道具とは』

シェフ☆が自分で飲むコーヒーは、ドリップ方式でいれたコーヒーです。
オススメの道具は、ハリオグラス株式会社の円錐形ドリッパーV60シリーズ」です。(写真)

シェフが買っているコーヒー豆は、千代田区神田小川町にある
「自家焙煎珈琲 隠房(かくれんぼう)」のコーヒー豆です。

良い原料と良い器具、この二つが揃えば難しいことは特にありません。
90度位に温度を調整したお湯を注げば、
だれでも簡単に美味しいコーヒーをいれられます。

シェフ☆はいつも、毎週日曜日に焼いてもらったコーヒー豆を
「自家焙煎珈琲 隠房」に月曜日の朝、受け取りにいっています。

コーヒーが美味しく飲める「真の賞味期限」は、
焙煎後、2〜3週間までであることを知っていてほしいと思います。
posted by 氏家健治 at 18:23| Comment(1) | TrackBack(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。