2011年05月30日

カフェモカとは?

DSC_0139.JPG

Q.『カフェモカって、どんなコーヒーですか』
Q.『カフェモカは、コーヒー入りのココアではないのですか』

「カフェ」も「モカ」も
「コーヒー」の意味があるのですが
この場合の「モカ」は「チョコレート」の意味です。

「モカ」は「コーヒーの木」発祥の地であり
コーヒー豆の主要産地なので
その代名詞として「モカコーヒー」が「モカ」と呼ばれる事があります。

同じ木の実であり、焙煎してから嗜むものであり、産地も同緯度だったりします。
コーヒーとチョコレートのカップリングもワケアリなんです。

一般的には「カフェモカ」とは「チョコレート入りコーヒー」の意味です。

また「モカコーヒー」がチョコレートフレーバーを感じさせることから
「モカコーヒー」っぽいコーヒーとしてカカオ分を加えたコーヒーを「カフェモカ」と言ったりもします。

「カフェモカ」を作るときは
深煎りのコーヒーと、ビターチョコレートが相性が良いです。

良質の深煎りコーヒーはブラックで飲んでも美味しいのですが
デザート感覚で砂糖をいれてもまた楽しいですね。

実際、「コーヒー」に「砂糖」はベストマッチな組み合わせです。
お好きなだけお入れ下さい。

セカンドベストは「クリーム」
その次が「ミルク」でしょう。

カカオも同じく,砂糖・クリーム・ミルクとの相性が良いです。

チョコレートはスーパービターの時代ですが、
コーヒーと違い、砂糖抜きのチョコレートは、ただ苦いだけですけど。


ところで
コーヒーにはグラニュー糖を入れるのが普通ですが
混ぜ方にもちょっとしたコツがあります。

砂糖を入れて直ぐグルグルかき混ぜる方が多いのですが
なんだか急いでる雰囲気が出てしまい、エレガンスに欠けます。
砂糖はよく溶けるのですが、コーヒーも冷めてしまいますし。

砂糖をいれて10数秒、間を置いてから、さっと混ぜてみましょう。

コーヒーの熱で砂糖が溶けやすくなった状態から混ぜると
さっと溶けてコーヒーも熱いままいただけますし
そのゆったりした動作から、優雅さも醸し出されます。
 
posted by 氏家健治 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カフェモカとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。