2010年05月31日

アメリカンコーヒーとは?

DSC_0232.JPG

「ナポリタン・スパゲッティー」がナポリにないように
「アメリカン・コーヒー」もアメリカにはありません。

しかしアメリカで飲まれているコーヒーのことが
「アメリカンコーヒー」とは言えます。

「アメリカンコーヒー」の「アメリカン」は
「アメリカンロースト」の意味です。

コーヒー豆の炒り具合いが
アメリカ風にライトローストされた(炒りが浅い)コーヒー豆。

その豆を使って淹れられたコーヒーのことを
「アメリカンコーヒー」と呼ぶわけです。
「アメリカンコーヒー」の由来はここからなんです。

シアトルの「スターバックスコーヒー」が登場して以来
フレンチローストやイタリアンローストといった
「深炒り」のコーヒーがアメリカでも普及しはじめているので
もはや「ライトなコーヒー」=「アメリカンコーヒー」ではないのですが。

また炒りの浅いコーヒーは味や香りが軽いので
単にお湯を加えて軽い風味に仕立てたコーヒーのことを
日本では「アメリカン」と言っていたりもします。

「エスプレッソ・アメリカーノ」はその一種です。


浅炒りのコーヒーは
カフェインが多く残っているので
朝に飲むのがいいですね。

熱めのお湯で浅炒りのコーヒーを薄めに淹れてたっぷり飲む。

目が覚めますし
水分も補給できるので
朝のコーヒーにピッタリです。

対して深炒りのコーヒーは
カフェインが焼失して少なくなっているので
ややぬるめに淹れたデミタスコーヒーは
ディナーの〆にも向いています。

半分の量(デミタス)なのは
食後であることと
寝る前に水分を取りすぎないためでもあります。
 
posted by 氏家健治 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。